サバイライフ★コム アジアを遊ぼう!
ホーム タイ パタヤ 旅のアイテム 写真館 タイ語 コラム リンク サバイライフとは
サイトマップ
管理人ブログ サバイライフ Twitter
 タイ好きオトコ対象ページ
 ・あなたのハマリ度チェック!
 ・夜遊びレベル
 ・擬似恋愛レベル
 ・ハマリ度 50%レベル
 ・ハマリ度 80%レベル
 ・ハマリ度 100%レベル
 ・ハマリ度 120%レベル
 ・タイ人と国際結婚する
 タイ人とうまく付き合うコツ!
タイ人に愛される男の3ヶ条
1.【どんなときでも大人の男性!】を常に意識、タイ人女性に接する。(いい意味で)逆にコントロールするぐらいの大きな気持ちを持とう。

2.【タイ人は子供だ!】 所詮、相手は異国人。いろいろ考えても意味はない。分からないものには分かろうとする目線から始めよう。


3.【アメとムチの上手な使い方!】 何でも言うことを聞いてはダメ!かといって聞かなすぎるのもダメ!何事もバランス感覚は必要。話し合い認め合う姿勢を常に持とう。
 よくねだられる人・・の解決法?
(×)NG
A1)理由も言わず否定し断る人。タイ人からキーニャオ(ケチ)と言われたことがあるのでは?これでは不評を買うというオチはつくが・・好かれることはありえない。
(○)GOOD
A2)ではどうすればいいのか?例えば、「彼女が携帯を買い替えたい・・」とねだってきたとする。聞くと「10.000バーツ」もするという。これは結構な出費。「高いけど・・」と自分の気持ちを押し殺して、愛する彼女のため身銭をきりくずす?それとも、「金がないからヤダ!」と一方的に否定する?おそらく、どちらにしても微妙なあんばいである。


では、道場主なら、どう解決するか?


そういう場合も、先ずは大人の目線で対応。子供がおもちゃをねだってきているのだ・・とまずは理解する。

Ex1)では?と「どれほど今ある携帯を買い替える必要があるのか」を尋ね、確認する。壊れていても古くなっても修理に出せば、だいたいは使える。子供のように簡単な気持ちで、甘えているだけのことだ・・。

と判断したら、もちろん却下!!でも、買ってあげない場合でも、「(修理代は出すから)我慢して、次のクリスマスに買ってあげる」など、一言、次回への期待感を匂わせるだけでも全く印象は変わる―。


Ex2)(それでも)しょうがないな・・と一歩譲って、ある程度の出費を覚悟したとしよう。それにしても10.000バーツは高すぎる。5.000バーツぐらいだったら何とか。それでは?と、こう提案してみる。

「10.000バーツは高いから、携帯は3.000バーツぐらいのモノに我慢しなさい。その代わり、好きなもの(化粧品でも洋服でも)を別に2.000バーツ分買ってあげる。そのほうが賢いお金の使い方だし、あなたは携帯に洋服にとより多くのモノを手にするんだよ・・」。

なんかマギー四郎のような手口ではあるが、こう言われれば、彼女がイヤな気をするはずはない。あなたのことを「お金にしっかりした人だ・・」と認識するようにもなるだろう。とにかく無下に却下されるよりは断然ましだ・・。

そして、あなたにしてみれば、10.000バーツから5.000バーツに値切ったという考え方も出来るし、こういった細かい対応が後々にも繋がって行く。

それは、「自分は携帯に3.000バーツしか出さない男だ!」という主張も含まれているからである。タイ人は金がある所に群がるし、あれば使おうとする。それを周りの人に振舞い、優越感にひたるのを好むわけである。

でも、それは仕方のないことで、染み付いた習性は簡単に変えることなど出来ない。一方的に否定するのでなく、自分の経済感覚を主張し、教え込む・・という作業を徐々にやっていくしかない。それがお互いにとっても、最もイーブンな手段であろう。

 [道場主] Daotok
 ハマリ度 120%レベル
彼女を日本に呼び寄せタイ。彼女との幸せな結婚生活を過ごしタイ。でも、彼女との生活が不安。

そんな期待と不安でいっぱいのあなたのタイ!ハマリ度は・・

120%レベル!!


あなたは完全にタイ、そしてタイ人にメロメロ状態です。
「未知なる船出へと飛び出す覚悟・・」も出来ていると言えるでしょう。

当然のことですが、国際結婚は
「他人との結婚」であり、しかも「異国人との結婚」です。よく考えれば、この時点でハンデを負ったところからスタートする「ギャンブル」にも似ています。(一般の日本人からすれば)言葉も文化も違う人との結婚となるわけですから、それは間違いなくハンデです。でも、ハンデを楽しみ乗り越えるのが国際結婚であり、ハンデのせいで失敗や離婚へと繋がるのは、それはその人の判断と行動が間違っていたという事実につきます。


では、どうすればタイ人とうまく付き合えるのか?結婚生活をうまく運ぶことが出来るのか?


まず、
【心配と不安は嫉妬や猜疑心の元】という単純だが意味のある言葉にヒントがあると言えそうです。「言ってることもやってることも分からない・・」。彼女の言動が理解できない・・と嘆く人が多いようですが、異国の人だからそれは当たり前のことです。それを深く考え過ぎ、「心配や不安」に転換してしまうからダメなわけです。そんな感情は、関係を悪化すれど良くすることは絶対にありません。特に、タイ人はこのような行為を極端に嫌います。自分たちが、そうであるから・・なのかもしれません。


なぜか、「疑う人には、疑われるのを嫌がる性格の相手が寄ってくる・・」ものです。そして(実際)疑われるようなことをやっている―。要するに、どっちもどっち・・ということ。そういう人は、先ず、二人の
言葉の意思疎通レベルを上げることから始めましょう。彼女が日本語を覚えるのか、自分がタイ語を覚えるのか、歩みよりは大切です。異国人同士の結婚であるからこそ、常に話し合い、理解し合うことが大事です。意思が通じ合っていないともちろんストレスが溜まります。それは(後に)失敗へ・・と発展する一つの要素であると言えます。


また、タイ人に関して、よく出てくるのが(やはり)金銭感覚の違い・・という問題です。
【完全に騙されていた・・】人の中には、金銭でもめて、その上ほぼ破産寸前まで大切な貯金を使われて離婚・・といった悲惨な話もあります。ただ、これら全ての人に言えることは、「自分の理想と現実の違いをよく把握できていない」という一言に尽きます。年の差と現実のギャップ、勘違いなど・・得てして「自分と彼女のことを客観的に見えていない人の先走った行動・・」が招いた結果であると言えます。


ただ、最も失敗例の理由の一つとして挙げられるのが、
【タイ人のワガママに我慢できなくなった・・】人たち。エゴが強い人が多いようですが、結局、考え方の相違を受け入れることが出来ない→話し合いではなくケンカの回数が増える→更に関係は悪化→それでも、タイ人はワガママだから自分の意思を貫き通す。だから、タイ人と同じ目線で張り合っていたのではダメ。解決策は見えてきません。異国人同士が結婚するわけですから、全てを受け入れてあげるぐらいの大きな気持ちで臨むことも大事です。何でもおねだりを聞いて受け入れるべきだ!と言っているのではありません。


「どんなときでも大人の男性!」を常に意識し、タイ人彼女に接する。(いい意味で)逆にコントロールするぐらいの大きな器の粋な男を目指しましょう!【タイ人のことを子供だ・・】と認識する。これが意外にいいヒントなのかもしれません。もめたとき、おこづかいが欲しい・・とねだってきた時、そこで一方的に怒ったり、否定すると、タイ人は(子供のように)すねたり、むくれたりします。それは理不尽な子供のようでもあります・・。


でも逆に、どんな時でも、真剣に本当のことを話す。教えてあげる。そうすることによって、子供は納得し、言うことを聞いてくれるようになります。怒るには怒るなりの理由、否定するのにも本意があります。嫉妬でも金銭的な問題でも、彼女の親がムカツク・・とか、それはとにかく全てにおいてです。自分の意思(本心)を訴え聞かせる。それがへたに詮索するよりも、一方的に否定して争いを招くよりも、最も利口で手っ取り早い手段だと思われます。


また、【よくねだられてしまう人・・】の中で愚痴を言う人がいますが、それは、その人が「何でもねだったら買ってくれる人・・」と思わせてしまったから、またねだられているだけのことです。その人の行動が招いた結果です。田舎出身の女性なら特に(元々)お金を使わない環境で育ってきたわけです。変えたのはその人です。


タイ人は純粋で直接的にものを言う民族です。陽気だけどすぐ調子にも乗ります。「いっぱい買ってくれる」→「これもねだったら買ってくれるかな?」→「じゃこれもねだってみようかな?」。自然な行為です。遠慮を知らない子供のようでもあります。ただそれを簡単に否定したり、深く考えたりするからワケが分からなくなるわけです。


【アメとムチの上手な使い方
財布の紐を締める時と、緩める時のバランスを常に意識しましょう。


結婚生活にはそれぞれのパターンがあるのかもしれません。ただ、
「タイとタイ人に対し、何事も大人の対応で対処できる大らかな心と術(すべ)を持ち合わせている人かどうか・・」。それが国際結婚の答えであり、現実であるように感じることも確かです。


そして、
【結局(所詮)は違う人種の民族だから・・】と、自分の考え(信念)とは矛盾した文化(社会)の人たちでも、ある種、諦めにも似た感情で受け止め、柔軟に応じることが出来る人。いや、出来ている人が、ずっと幸せにタイ人奥さんとの生活を続けているように感じたりもします。


(実は)そんな矛盾を楽しみつつ、アジアそのものを受け入れ航海し続けることが
国際結婚の醍醐味なのかもしれません―。


タイ人と国際結婚のやり方♪
ホーム タイ パタヤ 旅のアイテム 写真館 タイ語 コラム リンク サバイライフとは サイトマップ ブログ Twitter
Copyright ©2008-2016 sabai-life.com. All Rights Reserved. 当サイト内における記事、画像等の無断使用、及び無断転載を固く禁じます。